Fantastic Wedding

神社挙式をしてみよう|古来からある仕来たり

神前挙式の費用について

神前挙式費用の内訳

新郎新婦

結婚式にはキリスト教式、神社挙式、人前挙式などの挙式スタイルがあります。キリスト教式のスタイルがも人気がありますが、近年では神社挙式の人気が高まってきます。神社挙式とは、神社を式場にして行う挙式のことで神前挙式とも呼ばれています。日本人らしく厳かな雰囲気を好むカップルに選ばれています。大きな神社では、境内に披露宴会場を持っているところもありますが、神社と提携している業者が披露宴会場を用意する場合もあります。神社挙式の総額費用は、神社の式場費用と披露宴の費用2つで構成されています。神社の式場費用は5〜15万円ほどで、これに貸衣装代、ヘアメイク代をプラスして約30万円ぐらいになります。神社挙式だけで披露宴を行わない場合は、30〜50万円で式を終えることができます。神社によっては、貸衣装ではなく自前の衣装を持ち込めるところがあります。ただし、衣装の保管料として1万円ほどかかりますので注意しましょう。披露宴の費用は、出席者の人数や披露宴の内容によって金額が異なります。披露宴に70人の出席者がいる場合は約200〜300万円が平均相場で、出席者1人に3〜4万円かかると考えれば分かりやすくなります。出席者にかかる費用には料理・飲み物代金と引き出物代金が含まれています。料理は和洋折衷のもので1人前の料金が2万円、引き出物は6〜8千円となっています。予算が無い時は、オプションを外したり出席者の人数を絞ったりして調整しましょう。

京都の神社で挙式する

男性と女性

結婚式と言えばホテルや結婚式場で行うのが一般的でしたが、最近では神社挙式をする人も増えています。ホテルや結婚式場の場合、挙式から披露宴まで全体をコーディネートしてくれるため、手軽にできるというのが人気の理由でした。しかし、最近の神社挙式ではウエディングプランナーが挙式を行う神社と披露宴を行う会場をセットで企画してくれるので、簡単にできるようになったのです。そのため、和婚に憧れる人たちが、気軽に神社挙式を行うことができるようになりました。もちろん、自分が住んでいる近くの神社で行うのが一番手軽ですし、参列者も気軽に来ることができます。しかし、海外ウエディングがあるように、国内であってもあえて和婚の高い人気を誇る京都に着て挙式するという人も増えています。京都には格式高い神社がたくさんありますし、多くの神社において挙式ができます。神社挙式を行っている神社としては、主なものとして、上賀茂神社・下鴨神社・平安神宮・八坂神社などがあります。いずれも格式の高い神社であり、人気があります。これらの神社で挙式を行ったうえで、近隣の会場で披露宴を行うことになります。衣装の着替えや会場の手配、演出など全体をウエディングプランナーがコーディネートしてくれます。費用的にはホテルや結婚式場を借りて行う場合よりも安く行うことができます。その分、神社から会場までの移動など当日の運営は大変になりますが、思い出に残る結婚式にすることができます。

式次第を予習しておく

会場

結婚式には様々なスタイルがありますが、神社挙式を選ぶ際にはいくつか準備しておくことがあります。神社挙式を行う場合は、まずは式次第を知っておきましょう。教会挙式は幾度か参列したことがあっても、神社挙式には馴染みがないという人も少なくありません。儀式の流れや意味合いなどは、巫女さんが指導してくれるでしょうが、あらかじめ把握しておくとスムーズに練習が行えます。立ち振る舞いなど不安な箇所は、動画サイトなどで確認しておくと安心できるでしょう。また、神社挙式では衣装をレンタルすることができますが、白足袋や和装下着など自分で準備するものもあります。近隣では手に入りにくいものもあるので、式直前ではなく少し余裕があるうちに揃えておくと良いでしょう。本格的な文金高島田を結いたいという場合には、長い黒髪が必要となります。もちろんかつらを使用することもできますが、地毛を活用すればより自然に仕上がるので、式までに地毛を伸ばして髪のケアを集中的に行いましょう。神社挙式は、ブライダルの専門業者に依頼すれば、衣装の着付けから式の準備まで全てセットでプロデュースしてもらえますが、直接神社側に相談して申し込むこともできます。特定の神社で式をあげたいなど希望がある場合には、直接相談してみましょう。専門業者を通さずに式を行うには自分で準備しなければならないものが増えるので、下準備にかける時間の確保が大切です。結婚が決まったら、すぐに準備を始めましょう。