Fantastic Wedding

神社挙式をしてみよう|古来からある仕来たり

服装ルールを確認しよう

新郎と新婦の違い

神前式

現代では結婚式のスタイルが沢山あるのですが、その中で最も和風で独特のスタイルが、神社挙式です。神社挙式は日本独特の結婚式スタイルであり、作法・流れにも独特のルールが存在しています。作法の一つに服装があるのですが、神社挙式では出来るだけ和装をすることになっています。特に、新郎新婦は和装で臨む人が多いです。ですが、和風でなければならないと決まっているわけではありません。なので、列席者の場合は和装にこだわらなくてもよいでしょう。では新郎新婦がどのような衣装をするのかですが、新婦の場合は白無垢か色打ち掛け、又は黒引き振袖を着用します。白無垢を着用する場合、綿帽子も合わせて着用するのが一般的です。角隠しを使っても良いでしょう。色打ち掛けの場合、一般的には角隠しを着用しますが、色打ち掛け専用の綿帽子もあるので、それを着用する場合もあります。黒引き振袖を着用する場合は、洋風のヘアスタイルを合わせる人もいます。しかし、神社挙式のような神前式の結婚式では魔除けの意味で綿帽子や角隠しを着用する慣わしがあるので、それらも着用するようにしましょう。次に新郎の服装ですが、羽織袴を着用するのが婚礼正装になります。羽織袴は、五つ紋付のものを着用すると良いです。足元は白足袋や白草履を合わせるようにしましょう。色は黒や白が一般的ですが、グレーでも良いでしょう。服装だけでなく髪型も独特のルールがあり、新婦の場合は文金高島田にすることが多いです。

神社で挙式を挙げる場合

赤い糸

神社挙式は、日本で古くから行われている伝統的な挙式スタイルです。和装に身を包み、神社特有の厳かな雰囲気の中で行われる神社挙式は、カップルやその家族、参列者にとって格別な時間になるでしょう。神社挙式の場合は、参列可能な人数がだいたい決まっており、親族を中心とした参列者で行われるのが一般的です。全体の参列人数が少人数であるのが神社挙式の特徴ですが、より多くの参列が可能なように工夫をしている神社もあります。親族以外に、多くの友人も参加してほしい場合などは、その人数に対応できる神社を探すこともできます。アットホームな雰囲気の中で行なわれる神社挙式は、新郎新婦はもちろんのこと、家族同士の結びつきの意味合いも重視されます。神社挙式で当日にどのような儀式が行われるのかについては、事前に確認しておく必要があります。また儀式の流れについても理解しておきましょう。儀式内容は、事前に神社側から説明をしてもらえますので、安心して行うことができます。挙式する神社を探す場合は、事前に候補を絞り込んでおくことが大切です。候補を絞り込めば、あとは実際に下見をして、その神社の雰囲気を味わっておきましょう。また当日の挙式イメージを高めておくことで、実際の式もよりよいものになっていくでしょう。下見が多くなると負担も大きくなりますから、下見に行く神社はできるだけ絞る必要があります。その神社で披露宴も併せて行う場合は、披露宴会場の下見もしておきましょう。

親族同士の結びつきを強化

男の人と女の人

結婚式といえば、純白のウェディングドレスと教会をイメージする人が多いでしょうが、近頃は日本の伝統的な神社挙式が注目を集めています。晩婚化が進んだことにより、可愛らしいウェディングドレスよりも、落ち着いた白無垢を好む人が増えたからだと思われます。特にアラフォー世代には両親や祖父母が神社挙式をあげたという人が多く、日本の伝統美を感じることができる神社挙式は、馴染みが深い憧れの結婚式だといえます。神社挙式の魅力的な点は、家族同士の結びつきを強く感じられるという点です。新郎新婦の結婚という意味合いの他にも家同士の婚礼という意味合いを持つため、親族関係を強く結びつける儀式として最適です。また、荘厳な雰囲気の中執り行われる挙式は、高齢者や上司など年配のゲストに好まれる傾向にあります。ゲストの年齢が高いのであれば、神社挙式を選択すると好評を得られるでしょう。明治時代から一般的となった神社挙式は、白無垢に文金高島田が定番ですが、近年は衣装や髪型が多様化しています。しかし、神社によっては洋装や洋髪は禁止しているところもあるので、式場を選ぶ際には、柄物の着物や明るい髪色など自分の思う格好で結婚式をあげることができるか確認しましょう。また、神社によって収容人数に限りがある場合があります。中には親族しか参列が認められない神社もあるので、事前の確認が重要です。専門の結婚式場とは違い、神社はあくまで神聖な場所をお借りしての式となるので、神社側の注意事項はしっかりと守りましょう。