Fantastic Wedding

神社挙式をしてみよう|古来からある仕来たり

最も和風な結婚式

独特な流れ

ハート

結婚式にはいろいろなタイプの式がありますが、その中でも最も和風なのが神社挙式です。神社挙式という名称は一般的にはあまり知られていませんが、神前式とも呼ばれています。神社挙式は、神社に祀られている神様に結婚することを誓うという挙式スタイルになっています。この神社挙式、日本で初めて執り行われたのが、明治33年に当時の大正天皇が挙げたものが最初だと言われています。神社挙式は神様に対して行う式であるので、独特な流れが定められています。実際の神社挙式では、まず最初に参進の儀が行われます。これは琵琶や太鼓を用いられる雅楽が流れる中を、斎主や巫女と共に本殿まで移動するという儀式です。別名、花嫁行列とも呼ばれるこの儀式では、新郎新婦だけでなく、両家の両親や親族も列に並び移動を行います。本殿に到着したら新郎新婦から入場します。次いで両家の両親、親族といった順でそれぞれ入場します。本殿では右手に新郎側、左手に新婦側の席に着きます。参進の儀に参列していない友人・その他の人たちは、後ろの席に着きます。全員が席に着いたら、挙式の開始となります。挙式では最初に修祓の儀が行われます。この儀式では神主がお祓いをし、参列者の心身を清めます。次に祝詞奏上の儀が行われ、神主が神様に新郎新婦が結婚することを伝えます。伝えることで、両家の加護をお祈りするのです。その後、三献の儀や誓詞奏上、さらに指輪交換の儀を行います。また玉串奉奠も大事な儀式です。ここまで行い、神様への結婚の誓いが完了し、加護を受けることが出来ます。

カップルが増加している

花嫁

教会で結婚式を挙げるカップルが多いですが、近年は神社挙式を行うカップルも増加しています。その人気の理由としては他の挙式とは異なる独特の厳かな雰囲気が挙げられます。太鼓の音や雅楽が響き渡る中で神社の本殿まで一緒に進んでいき、巫女が神楽に合わせて舞うのは、ホテルや式場で結婚式を挙げるのとは一風違う趣があります。また、神社挙式が好まれるのは神社との結びつきが強くなることも挙げられます。たとえば、子供が生まれて七五三やお宮参りをするときなどに、神社挙式を執り行ってもらった神社で行うと結婚して数年経った状態でも感慨深くなります。神社との縁がずっと続くのも魅力的です。さらに、神社挙式は決まったパターンに基づいてやるわけではありません。以前は親族だけしか参列できませんでしたが、現在においてはそこまで堅苦しくありません。友人の参列も可能なところは増えていますし、挙式の装いも和装が基本ですが、ヘアースタイルは自由です。このように、神社挙式は時代のニーズに応じて変化しています。神社挙式にかかる費用としては50000円から150000円程度です。神社への謝礼は50000円前後であり、雅楽の生演奏を希望するのであればさらに30000円から50000円が追加で発生します。日本の伝統的なしきたりに従って結婚の儀式を行うのは神社挙式でしかできません。和装での結婚式を希望しているカップルにも強くおすすめできます。

現場を見学するのが一番

新郎新婦

神社挙式を行う場合、自分ですべてをプロデュースすることは簡単ではありません。結婚前はそれでなくても忙しい時期ですから、神社との打ち合わせや衣装合わせ、披露宴会場探しなどを自分で行うのは想像以上に大変です。そのため、多くの場合はウェディングプランナーのような専門業者を通して神社挙式や披露宴の手伝いをしてもらうことになります。ホテルでの挙式・披露宴であれば、業者を通さなくてもホテルのスタッフと直接話して決めていくことができますが、神社挙式のように一つのパッケージになっていない場合には、それをコーディネートしてくれる人が必要なのです。どのような業者を選ぶかによって企画力が異なってきますので、業者選びは慎重にする必要があります。ほとんどの場合、できるだけ費用を抑えたいと考えています。そのため、安さを重視して選ぶという人も多いです。しかし、価格が安ければ企画力もその程度しかないということになりますので、業者選びは価格だけでも決められません。業者を選ぶ場合には、実際に行われている神社挙式を見学させてもらうのが一番です。現在では、様々な場所で見学会を行なっているところも沢山あります。一度参加することでその場の雰囲気も知ることができます。また、舞台裏でどの程度サポートしてくれているのかを見極めたうえで選ぶことが大切です。神社と披露宴会場を利用する場合には、スムーズな進行をしてくれるかどうかがポイントになります。